品質への取り組み

当社はISO13485:2003, ISO9001:2008, EC DIRECTIVE 93/42/EEC ANNEX V, V+METROLOGY 認証を取得いたしました。
今後も、より一層の品質向上を目標に、お客様にご満足いただける商品を提供いたします。

ISO 13485:2003 ISO 9001:2008 Directive 93/42/EEC

プロトタイプ試験


新しい血圧計のプロトタイプが作られると、このプロトタイプは公的機関による様々な試験を受けます。
新しいプロトタイプが全ての試験に合格して初めて、製造するかどうかの判断を行います。

プロトタイプ試験

製品化会議


血圧計がプロトタイプの試験に合格すると、製品化に向けて会議を行います。
製品の品質維持、安定供給や顧客からの要望など全ての観点から検証し、最終的な判断を行います。

製品化会議

全品検査


製造された全ての血圧計は精度管理された基準器にて全品検査し、当社規定の水準(±3mmHg)以内の製品のみが出荷の対象となります。

全品検査

最終検査


製品の出荷が決まると、出荷数量に応じて抜き取り検査を行います。
この検査に合格した場合のみ全数出荷となります。

最終検査